つけっ放し防いで節電!卓上センサーライト

さらなる節電を進めよう!

暑い夏がやってくるとクーラーがフル回転となりますから、各種照明のスイッチはオン・オフして、節電に努めるといいですよね。そして、さらなる節電を進めるなら、住まいの真ん中を通る廊下を照らす照明の使用をやめて、「卓上センサーライト」を2個、廊下の壁際に配置するといいですね。この卓上センサーライトは、動くものの気配を感知すると、自動的にスイッチが入って、ライトがつくというものなんですよ。また、一定時間を経過すると、自動的にライトが消えるという仕組みになっています。

卓上センサーライトで十分!?

住まいの廊下にある照明は、用事のある部屋以外の廊下も明々と照らしますよね。用事のある部屋までの廊下に明かりがあればよいので、卓上センサーライトで、十分役割を果たすことが可能なんですよ。また、廊下天井にある照明は、うっかりつけっ放しのままということもありがちですよね。このような無駄な電力消費は、年間にすると、かなりの量になってしまうんですよ。センサーライトは、最初に購入費用と乾電池代はかかりますが、すぐに元はとれますよ。

防犯などにも役立つ!

卓上センサーライトの電源は、単三乾電池3本だけで、相当な期間、稼働してくれるんですよね。ささやかではありますが、確実に節電につながるのではないでしょうか?このセンサーライトを玄関の外側に設置しておいたら、省エネだけではなくて、防犯などに役に立ちそうですよね。エコライフを目指す意識の高い人なら、つけっ放しを防いで節電してくれたり、防犯などにも役立つ卓上センサーライトの設置を検討してみるとよいでしょう。

照明は、お部屋の雰囲気をガラっと変えてくれます。オシャレなお部屋には欠かせないインテリアの1つです。