スマートフォン用サイト作成時の注意点について

どうやって対応させればいいのか

小型の端末であるスマートフォン用にホームページを対応させると、スマートフォンユーザーが閲覧しやすくなるので、より閲覧者が増えます。モバイル端末を利用して検索するユーザーはどんどん増えているので、対応させることは重要ですよね。スマートフォン向けにウェブサイトを対応させるための手段としてはレスポンシブウェブデザインの採用をする、別途スマートフォン用にサイトを用意するなどの方法があります。どちらがよいか検討してみましょう。

レスポンシブウェブデザインについて

パソコンにもスマートフォンにも同時に対応できるのが、レスポインシブウェブデザインです。HTMLが単一であっても、このデザインを選ぶことでいろいろな環境に対応することが可能なんです。複数のページに同じコンテンツを掲載する必要がないので、管理も楽ですよ。また、ユーザーにURLの案内をする際も1つだけ知らせるのみでいいんです。パソコンは画面の幅を生かして多くの情報が掲載できるようになり、スマートフォンはシンプルで見やすさ重視など個性を出すことも可能なんですよ。

モバイル端末用にホームページを作る

既存のホームページをスマートフォン向けにしたいけれど、レスポンシブウェブデザインの採用が難しいということもあります。このような場合は、別途サイトを作る方法がおすすめです。別途作成する場合は手間は必要ですが、より操作が手軽なインターフェイスの提供ができるメリットもあるんです。シンプルで分かりやすいレイアウト、指で押しやすいリンクなどデザインにこだわってみるのがおすすめですよ。入力や選択のフォームも、デザインを考える必要があります。

個人でスマートフォンサイト制作をする方法には、制作会社に依頼する方法や、クラウドソーシングなどのサービスを利用して制作依頼する方法などが挙げられます。